文房具

保育士の大学で資格を取ろう|学習環境が充実しています

教育に携わる仕事

保育士

子供の教育に携わる仕事と聞くと教師を想像する人が多いはずです。確かに教師も子供の能力を伸ばす上で重要な仕事なのですが、子供の人格形成には幼児期の教育が深く影響すると言われているため、子供の成長を見守るような仕事がしたいのなら保育士が最適です。今まで、保育士になるのは女性がほとんどでしたが、最近では男性の保育士も増えていて、世間的にも非常にニーズのある仕事となっています。保育士は、人の教育に携わる仕事であるため、資格を取るためには大学に通った方が良いです。大学でなくても、短大や専門学校でも保育士の資格を取得できるのですが、指定されている学校以外で勉強をすると実務経験が2年以上ないと受験資格を得られない可能性がありますし、合格率も低くなってしまいます。そのため、確実に保育士として働きたいのなら大学で勉強をしましょう。

保育士の育成をしている大学では、生徒に手厚いサポートを行なっています。就職や勉強を進める上での不安を担任がしっかりヒアリングしてアドバイスをしてくれたり、学費の支払いに困らないように奨学金制度の利用も推奨しています。さらに、保育士の大学では実習プログラムも充実しています。学校内での勉強だけではなく、学生の間に実際に現場で働くことで即戦力を身に付け、就職した後もすぐに使えるような技術力を養うことができるのです。また、学内の学習環境も非常に良く、ピアノのレッスンができる部屋や専門書や絵本が置かれている図書館、自習室などが完備されているので学習のモチベーションも上がります。

取得するべき国家資格

男性

衛生管理者は国家資格の一つで、取得すると転職や昇進に有利になります。また、資格手当がもらえたり、自分の自信に繋がることもあるので、スキルアップを目指すなら取得するべきです。

More...

受験対策をしよう

介護

介護福祉士は現代社会で最も必要とされている資格です。受験の申し込みはネットやはがきから行ない、筆記試験と実技試験の両方が実施されます。また、合格するためには最低でも60点以上得点する必要があります。

More...

学校選びのポイント

カウンセリング

言語聴覚士はリハビリの世界で今後需要が高まる仕事です。国家資格なので取得するためには専門学校や大学での勉強が必須となるのですが、学校を選ぶ際は講師の質やカリキュラムについて確認しましょう。

More...